2013年11月27日

リトルヘブン 32号が公開されました。

隔月で発行しているリトルヘブン32号が公開されましたので、ご案内致します。
今号は、群馬県渋川市子麓(しろく)地区で、コンニャク芋の収穫を主に取材をさせていただきました。

URLは、http://www.littleheaven.jp

子麓地区新田集落では、畑や屋敷の隅に色とりどりの小菊が咲き乱れていた。
hp 1  畑の隅に菊の花 .jpg

コンニャク芋を収穫していた八高吉信さんの畑では、弟や子どもたちが皆で手伝っていた。お茶の時間が始まろうとしている。
hp 2 八高吉信 家族でお茶 .jpg

姉夫妻の収穫を手伝いに来ていた島田宣彦さん夫妻。仕事を仕舞おうとしている夕暮れ。
hp 3  島田宣彦 .jpg

幼なじみの畑で、まるで家族のようにイチジクを採って食べる小渕憲男さん。
hp 4 小渕憲男 1 .jpg

畑には誰もいなくなった立冬の日暮れ。二ツ岳の上空に三日月が浮かぶ。
hp 5 二ツ岳の夕暮れ .jpg


前号を読んでいただいた方は、再読み込みをしてからお楽しみ下さい。
ご高読いただき、ご批評、ご感想などをお寄せいただけると幸甚です。
「読者からの便り」として、ご紹介させていただきたく存じます。

いよいよ今年も残すところ一か月。宮崎では、まだ寒さはそれほどではありませんが、ご自愛の上、終わりよければ全てよしの年となるよう願っています。


posted by jin at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定秘密保護法案を読んでみると 2013.11.26.

 特定秘密保護法案が衆議院特別委員会で可決されたようだ。NHKの中継が終了した直後だったというのを、誰かのFBで知った。今朝、ゆっくりこの法案を読んでみたが、当面の一番の問題は、特定秘密を取り扱う権限を行政の長、つまり総理大臣や防衛大臣、警察庁長官などに集中した上で、自衛隊に関する全ての情報を特定秘密に指定して、その規模や行動や訓練や研究や予算などを公開しないということではないかと思った。もちろん、知る権利、報道の自由は自衛隊に関しては無くなってしまうのだ。気付いたら自衛隊が巨大な軍隊になっていたというのもありだ。

 日常の暮らしの中で何が特定秘密(特定有害活動)なのかは知らされないのだから、いずれ息苦しい社会になっていくことも避けられない。

 この特定秘密保護法案を、今、新規に立法する意図は、憲法9条に係わる改正(悪)との絡みで出てきたと思う。今からでも、廃案にするための行動を起こさないと、子や孫の時代は暗黒だ。今すぐ、日常生活に影響が出るとは思わないが、……。甘いかな。

 今朝、老老介護で両親の家へ行くため、ほんの10分ほどだったが、渡辺創さんのFBで知って、宮崎山形屋の交差点へ民主党と社民党と共産党の合同街頭演説会を聞きに行った。このような合同行動をもっと積極的に行って欲しいと感じた。写真は、ありません。

posted by jin at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする