2012年07月22日

キャノンEOS 5D MarkVで 喧嘩ダンジリを撮影

 夕方5時30分に開始された宮崎市佐土原町愛宕神社夏祭りの喧嘩ダンジリを撮影。本来の予定には入ってなかったのだが、FBで教えてもらったので、昨日届いたばかりのキャノンEOS 5D MarkVの使い始めも兼ねて行った。小雨まじりの天候だったが、男の血がたぎっている今夕には、ちょうど良かった。事実、ダンジリが競り合っている最中、広角レンズで至近距離から撮影しよう男たちに近付くと、たぎった血の熱さで、レンズが曇った。

 42年間使ってきたニコンのカメラを使わない決心をして、キャノンに総入れ替えしたばかり。カメラもレンズもストロボも全て新品。色々と戸惑いはあったが、その最たるものは、撮影の途中で絞りダイヤルを動かしたようで、いつの間にかF16になっていて、私は、たぎった男の血に夢中になっていたので、気付かず数枚がブレ。馴れるのには、しばらく時間が掛かりそうだ。それにしても新しいカメラは、気持ちが良い。よーし、仕事するぞ、という気持ちになる。

 なぜ、ニコンのカメラを使うのを止めたのかは、近いうちにきちんと書きます。

hp 喧嘩ダンジリ .jpg


posted by jin at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 はじめまして。

 ずいぶん前から、ブログ更新を楽しみにしている者の一人です。今回の記事はかなりの衝撃を受けたので初コメントさせてもらいます。

 ニコン使いの芥川さんというイメージが定着していただけに、ニコンからキヤノンへの総入れ替えの英断に「謎?なぞ?ナゾ?」です。私も高校生から写真撮影を始め、25年以上もニコンのカメラを愛用していますが、キヤノンのカメラを使いたいとは、一度も思ったことはありません。キヤノンのカメラを使うくらいなら、趣味の写真撮影をやめてもいいと思っているくらいのニコン信奉者です(笑)



 写真家の命でもあるカメラをニコンからキヤノンへコンバートした理由を知りたいので、是非とも記事にしてください。宜しくお願いします。


追伸:1987年12月、椎葉の夜神楽で2台のニコンF3Pを駆使し、一晩中、撮影されていたお姿がとてもかっこよかったです。


Posted by ふぉとみっく at 2012年07月23日 12:21
 ふぉとみっくさん、コメントをありがとうございます。
 ずいぶん多くの方から、お前はニコン党だろ、なぜ裏切ったと言われました。確かに、42年間使ってきたニコンからキャノンに替えるには、迷いもありました。経済的な負担だけでも、相当重い。 それでも、ニコンを使い続ける気持ちにはなりませんでした。
 来月初めに、きちんと書きます。
 私を、ふぉとみっくさんのように見てくれている方が居るという事実を知ったことだけでも、元気が出ました。
 ありがとうございました。


Posted by jin at 2012年07月27日 19:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。