2007年02月20日

モーツアルトとクジラ

 東京に居る。(協)日本写真家ユニオンの三役会が早めに終わった。ホテルにチェックインしたものの、午後6時前だ。予期しない空白の時間である。しなければならない仕事もあったが、何も準備していない。
 取材に出ている時、突然、空白の時間が訪れることがある。そんな時は、一番に映画を観ることにしている。という訳で映画へ行く。

 地下鉄で有楽町へ。有楽町マリオンのポスターを見てみたが観たい映画は「ドリームガールズ」くらいだ。しかし、「ドリームガールズ」は宮崎でも観られる。銀座通りの近くにシネスイッチ銀座があったはずだ。
 ここでは「モーツアルトとクジラ」と「カンバセーションズ」が上映中。どちらも知らない映画。さて、迷った。「カンバセーションズ」は、大人の恋愛物のようだ。「モーツアルトとクジラ」は、ポスターだけでは何か分からない。こちらに賭けてみよう。

 観て、損はなかった。
 アスベルガー症候群という自閉症の男女が、自分をさらけ出し、相手を思いやりながら、ぎくしゃくと恋を育んでいく。同じような症状を持つ仲間の人々も魅力的だし、優しさに満ちていた。
 自分が自分らしくあることの大切さと日常の中で自分らしくあることの難しさを考えさせられた。

 彼らは、同じ症状を持つことで、結ばれた閉鎖された小さな社会を築いているが、誰もが自分をさらけ出すことによって、誰かを傷つける。傷つけたことを後悔し、優しさが芽生える。一般の社会でも同じことをしているのだろうが、全体にオブラートで包まれ、その分見えにくくなっているし、複雑にしてしまっている。社会の、人々の何がそうさせているのか。
 「モーツアルトとクジラ」を観て、そんなことを考えた。

 シネスイッチ銀座での映画が終了して、クレジットが流れ始めた。宮崎だったらこの時点で、ほとんどの観客が席を立って客席が明るくなった時、客はすでに居ないのだが、シネスイッチ銀座は違った。誰も席を立たない。余韻を楽しむように、クレジットを見て、テーマ音楽に聞き入っていた。
 映画好きな人々なのだ。それだけで嬉しくなった。

 今日は、写真はありません。

posted by jin at 22:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「モーツァルトとクジラ」夢のような食卓をみんなで囲んで
Excerpt: 「モーツァルトとクジラ」★★★☆ワリと好き ジョシュ・ハートネット、ラダ・ミッチェル主演 2004年アメリカ 自閉症の一つとされるアスペルガー症候群 主人公は数字には強いが 不安なこ..
Weblog: soramove
Tracked: 2007-04-03 12:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。